いつも使っているクレジットカードは

仕事の帰りにドラッグストアで買い物した。
現金下ろしてこなかったのでクレジットカードで
クレジットカード即日発行買い物したが、ホント一万円なんかすぐだな・・

お金ってこんなに価値なかったのかって感じ.
いつも使っているクレジットカードは、楽天カードを愛用していてメインカードにしています。
公共料金の引き落としとか、通信費の引き落としだとか、定期的に引き落としされるものは、
楽天カードで引き落としするようにしています。

銀行からの引き落としにすると、引き落とされてそれだけなんですけれど、
楽天カードで引き落としをすると、引き落とされた分ポイントが付きます。
勝手にポイントが貯まっていきますから、楽店市場でお買い物をする時に、
貯まったポイントで自分の好きなだけ、ポイント分を値引きしてもらえます。

これってお買い物好きの主婦にとっては、すごくお得で嬉しいことだと思います。
楽天市場でお買い物するときに、パソコンのマイページから、
お得なキャンペーンがないか必ず確認しています。

確認してから購入することで、通常より多くポイントがもらえたりします。
これもすごく嬉しいことです。さらにお得なポイント倍増の時に、
できるだけ楽天市場で買い物するようにしています。

同じ買い物しても、ポイントがたくさん帰ってくるのも、楽しいことですよね。
クレジットカードは自分の使える範囲内で、
早く届くものでメインのクレジットカードを作って、
http://xn--y8ja0zpa9byd9aj42atfn199boeya.xyz/
カードのポイントを有効活用することは、
今の時代に合った賢い買い物方法だと思っています。

カードが入ってないと不安

お財布の中に、カードが入ってないと不安だ。現金が入って無くてもそんなに不安じゃないけどカードだけは、ないと困る。

海外旅行・海外出張などで、高額の買い物にはクレジットカードを利用する方は多いと思います。
私も、海外にて多額の現金持ち歩きは危険と考えているので、クレジットカード 即日発行できるだけクレジットカードで対応するようにしています。
そんな便利なクレジットカードですが、海外で使用する際に注意したいのは、引き落とし時のレートです。

海外でクレジットカードを使用した場合、その引き落としは、約3か月後となることが多いです。
私が海外で買い物をした際に、その多くが2か月強~3か月程必要としました。

そのため、購入した当時のレートから大幅に変動する可能性があります。
幸いなことに、私が購入した時はいずれも5円以内の誤差でした。
しかし5円といっても何十万もの買い物をした際には、大きな出費となってしまいます。

もし、海外でクレジットカードで買い物をする場合は、その地域の通貨と日本円のレートを見てください。
単に現在のレートを見るのではなく、過去1年分をチェックする方が無難です。
もし可能であれば、その国の政治経済環境まで追うとよいのですが…。
レートがだいぶ動いているようであれば、高額な買い物は避けたほうがよいでしょう。
もし、失敗したらかなり落ち込みますよ。

2週間分買って来ました

今日は曇りで少し寒かったので、娘と家でゆっくりしてるはずだったのですが、
食料が数日分しかなかったので、急遽買い物に出掛けました。

台風が接近している事を天気予報で知っていたので、台風が来る前に・・・と思い、
娘を連れて買い物に行って来ました。

普段は1週間分をまとめて購入しているのですが、月末も近いので今日は、
約2週間分買って来ました。

お会計時に、普段は1週間分でも5~6千円程しか支払わないのですが、約2週間分の買い物をしたので、
1万3千円もかかってしまいました。

1週間分を買うよりも少し高くなってしまい、自分でも驚きました。
袋もいつもの2倍になってしまったので、近所のスーパーだったのですが、車で行って良かったです。

娘も大量の買い物が嬉しかったのか、帰りの車で「いっぱいだね」とニコニコしていました。
月末まで食料がもてばいいのですが・・・少し心配です。

これから夕飯の支度を始めようと思います。
今日の献立は焼きそばと中華スープにする予定です。
多分、それだけでは夫は物足りないと思うので、おにぎりも作ろうと思います。

来月4歳になる娘は最近お手伝いをしてくれるので、今日は娘におにぎりを作って貰おうと思います。

学生アルバイトの時にキャッシング

学生のときから続けてアルバイトで生活をしています。色んなアルバイトを掛け持ちしているのですが、なかなか生活は厳しいですね。特に結婚式とかがあった月はかなり厳しいのです。そんな時でした、私がカードローンで初めてお金を借りたのは。最初は学生でもあったしアルバイトなのでカードローンとかで借金は無理かなと思っていたんです。でもその時はどうしてもお金がなくて困っていて。ダメ元で学生 アルバイト キャッシングやってみようと思い、カードローンの申し込みをしてみました。結果から言うと何の問題もなくカードローンの契約ができたんです。カードローンの申し込みはインターネットでしました。店舗に出向いていく勇気はなかったし、それにアルバイトで忙しかったので、そんな時間もありませんでしたから。アルバイトの休憩時間にスマホから申し込みをしました。申し込んで暫くすると仮審査の通過の連絡がありました。ちょうどバイトが終わった時間だったのでよかったと思いました。次に本審査があるので本人確認資料の提出をしろとのことでした。本人確認資料とは運転免許証やパスポート、保険証でいいとのこと。私はスマホのカメラ機能を使って運転免許証の写真を撮り、それをアプリから送信しました。これはかなり画期的だなと思いました。その後無事に本審査にも通過してカードローンでお金を借りることができました。

さすがにキャッシングは無理だろう

ネット銀行の口座が必要になったのでインターネットから申し込みをしました。
インターネットで銀行口座が開設できるとは便利ですよね。
口座開設に伴ってキャッシュカードの申し込みのところで、
キャッシング機能付きかクレジットカードの機能が付いていない普通のキャッシュカードかを
選ぶところがあったので、まあとりあえずクレジットカード機能付きにしてお子かと思い申し込むことに。年会費も永年無料だったので。さらに契約の画面は続き、クレジットカードのキャッシングの金額設定のところにきました。
私は専業主婦なのでさすがにキャッシングは無理だろうと思い、0円に設定しました。すると新たな画面で「もしもの時にキャッシングurlが必要になるかもしれませんが、0円でいいですか?」みたいなのが出てきたんです。
うーん、そんなこと言われたら・・・と思って限度額いっぱいの50万円のところにチェックを入れてクリック。そうしたら「ご希望に添えない場合もございます」と出ました。どっちやねーん!って思わず突っ込んでしまいました。
ただ、そのまま画面は契約申請終了までこぎつけたのでまあよしとしよう。
それにしても専業主婦でもキャッシングとかできるものなのかな?はっきり言って収入は無いに等しいんだけど。

カードでお得生活

我が家はクレジットカードを愛用しています。

よくクレジットカードと聞くと、”分割払い”という言葉を連想する人がいます。
手元に今すぐに支払出来るお金が無いため、数回に分けてクレジットカードで
買い物をする、という使い方をしている人が多い気がします。

また、クレジットカードを上手く管理出来ない方もいらっしゃるようで、
クレジットカードを使った時には、確かにお金を使っていることは分かっている
ようなのですが、手元のお金は減らない為に、何となくお金を使っているという
感覚が鈍ってしまい、後から請求が来た時に請求額にぞっとするという話も
よく聞きます。

けれども、クレジットカードは使い方さえコツを掴めばとってもお得で、
便利なものだと思います。
その管理法はただひとつ、カードを使ったらその分は現金をよけておく、
それだけです。
我が家はエクセルに家計簿をつけているので、クレジットカードを使ったら
使った金額を表に打ち込みます。
その後引き落としになったらその金額を消していくという方法で管理しています。
今現在いくらカード払いをしていて、まだお金の引き落としがされていないの
かどうかがすぐに分かるので、貯蓄額からその合計額を差し引けば純粋な
貯蓄額が分かるのです。
我が家はポイントを貯めて、金券に交換しカードでお得生活を楽しんでいます。

通販で買い物をする人なら

クレジットカードは通販で買い物をする人なら持っておいて絶対に損はないと思います。
最近の通販サイトはかなり便利になっており、一度クレジットカードで買い物をしておけば、次からの買い物ではカード番号を打たなくて済むケースも珍しくありません。
サイト上にカード情報が記録されているので、ワンクリックですぐに決済と買い物を同時に終えられるサイトもあったり、ネット通販とクレジットカードの相性は抜群だと感じています。
クレジットカードは使った金額の一部がポイント還元されますし、現金で支払うよりも労力が抑えられるだけでなく、買い物もお得です。

金欠になった際にクレジットカードを持っていた

これまで一度も利用経験が無かったクレジットカードですが、金欠になった際にクレジットカードを持っていたことで何とかピンチを凌ぐことが出来ました。ピンチになったのは新たな賃貸マンションの契約や引越しの費用などが思った以上掛かってしまったことが原因です。

給料が出るまで残り一週間以上あり、財布の中身は千円もありません。またそれまでに支払いを行うものがあります。この危機的状況を乗り切った際に活用したのがクレジットカードです。まず食べることに関しては、コンビニやスーパーでの買い物でクレジットカード払いを選択すれば良いので、空腹で困るということはありません。

また移動するということを考えても私は電車を頻繁に利用しますが、クレジットカード払いがOKとなっているので助かりました。さらに魅力的だったのがキャッシングの機能が付いていることです。これは現金を引き出すことが可能なサービスです。クレジットカードを使用できない支払いがあったので、キャッシング機能が付いていたことから無事に必要な支払いを済ませることができました。

ライフスタイルに合わせてクレジットカードを選ぶ

クレジットカードが広く普及するに伴って、クレジットカードの不正利用などクレジットカードがらみの犯罪も増えてきました。
クレジットカードが不正使用された場合の補償は、海外旅行やショッピングなど、実際の店舗で不正使用された場合には、事実関係をしっかり確認した後でクレジットカード会社が全額を補償してくれる場合がほとんどです。もちろん、補償額の上限はありますが。
しかし、とても便利でクレジットカードを持っている人なら多くが経験しているインターネットショッピングでのクレジットカード不正利用については、補償対象外となっているクレジットカードが多いようです。こういった線引きはクレジットカードの規約にしっかり記載されているので、目を通しておくと良いでしょう。
そういった中でも、ネット主体の企業が発行しているクレジットカード、例えば楽天やペイパル、イーベイなどでは、オンライン取引やネットショッピングなどによる不正使用の補償もしっかりとしているようですから、ネットショップが好きな方は要チェックですね。
また、多くのクレジットカードには、海外旅行傷害保険などが自動的に付帯されているタイプのカードも多いですよね。このタイプの補償を利用するためには、旅行代金をクレジットカードで支払わなければいけません。年会費が無料でも、こういった補償が大きくついてくるクレジットカードはたくさんあるので、たとえばクレジットカードフリーターや大学生、主婦の方では選ぶカードは違ってくると思います。自分のライフスタイルに合わせてクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

クレジットカードでする買い物の上限金額

私はクレジットカードの種類によって使えないお店もあることから、違った種類のクレジットカードを2枚持っています。
クレジットカードはただ支払いをする時に使うだけでなく、ポイントがついてそのポイントを買い物などで利用できるとお得だなと思います。
複数のカードを使い分けるのは良いことですが、お得だからと言って何でもクレジットカードを使うなど、クレジットカードに頼り過ぎるのは良くないことです。
クレジットカードのメリットは、その時にお金を持っていなくても商品を買えたりサービスを受けられるものですが、クレジットカードを使う時には自分の収入や貯金のことを視野に入れて買い物をしなければなりません。
自分の収入以上の買い物をしてしまい、支払いの時に苦労したこともあります。
クレジットカードの支払いに追われ、他のことを節約したりお金を使わないような工夫をする必要が出てくるのも大変です。
せっかく遊びに誘われても、クレジットカードの支払いのために断わるのも嫌なものです。
クレジットカードがあっても、本当にクレジットカードで買うべきものなのか、無駄な買い物ではないのか考えた上で買い物をするのは大切なことです。
私は今はクレジットカードでする買い物の上限金額を自分で決めておくようにしています。

クレジットカードのウェブサイトを利用するときには

クレジットカードのウェブサイトを利用するとき、気をつけなければならないのはフィッシングサイトです。クレジットカードのウェブサイトでは、請求額やクレジットカードの利用履歴を確認することができますが、そんなクレジットカードのウェブサイトを装ったフィッシングサイトというのが最近では頻繁に報告されています。

クレジットカードのフィッシングサイトではIDやパスワードを入力させるものが多く、そこから情報を抜き取られてしまうという悪質なものがあります。ですから、クレジットカードのウェブサイトを利用するときには、常にそのサイトが正しいサイトなのかどうかを確認しながら、また海外での利用も即日発行OKのアメックスカード利用する注意深さが必要です。

現代では、インターネットでたいていの物がクレジットカードで買えますので、クレジットカードの情報が外に漏れるということはとても危険なことです。そして、残念ながらクレジットカードの情報を盗みとろうという人がいますので、利用者が注意を払って利用するより他ありません。

クレジットカードは以前にも増して多くの人が利用するようになったわけですが、だからこそフィッシングサイトには十分注意し、常にクレジットカードのセキュリティーレベルを高めておくことが大事だと私は思っています。